“知の祭典”の栄光をつかめ!がんばれチームジャパン!「WMSGチームジャパン 公式ホームページ」
ワールドマインドスポーツゲームズ チームジャパン
第1回WMSGとは
WMSGチームジャパンとは
チームジャパン 参加競技種目
ブリッジの詳細ページへ
チェスの詳細ページへ
チェッカー・ドラフツの詳細ページへ
囲碁の詳細ページへ
シャンチーの詳細ページへ
協賛
大阪商業大学
大阪商業大学
(株)博文社
(株)博文社
エンゼル商事(株)
エンゼル商事(株)
チェッカー・ドラフツ Checkers / Draughts
ボードゲームのチェッカー(ドラフツ、ダームとも)は、相手の駒を穫り合う ゲーム。
淡色・濃色12個ずつの丸い駒と、64(8x8)マスのチェスボードを用いるのが「チェッカー(ドラフツ)」、100(10×10)マスのボードで20個ずつの駒を使うのが「インターナショナルドラフツ」と呼ばれています。いずれも駒を飛び越して、相手の駒をすべて穫るか、相手が動けない状態にすることが目的です。
●6種目…個人戦、チーム戦
●世界の愛好者数…4000万人
●日本の愛好者数…1万人
WMSG競技実施概要
[ 概要 ]

WMSGチェッカー・ドラフツ競技種目はチェッカーとドラフツとにおおまかに区分されます。チェッカーは64マスの盤と24個のコマ、ドラフツは100マスの盤に40個のコマを用います。ドラフツにはキングの働きが強いことに特徴があります。またドラフツはこれら競技の総称ともなっています。
[ カテゴリー ]

ドラフツ100マス(普通/ラピッドの2種)
ドラフツ64マス(男子…ブラジル式/女子…ロシア式)
チェッカー
[ 競技形態 ]

個人戦(男子・女子)
チーム戦
[ 種目 ]

(6種目)
1.ドラフツ100マス男子個人戦(普通/ラピッド)
2.ドラフツ100マス女子個人戦(普通/ラピッド)
3.ドラフツ64マス男子個人戦(ブラジル式)
4.ドラフツ64マス女子個人戦(ロシア式)
5.ドラフツ100マスチーム戦
6.チェッカー
[ 参加予測 ]

60ヶ国・地域、300名(日本から選手6名)
[ スケジュール ]

団長あいさつ
チェッカー・ドラフツ選手団長
日本チェッカー・ドラフツ協会会長
小俣光夫
JCDA会長 小俣光夫
人類が誕生して以来、体力や格闘能力を競うことは常に行われてきました。遊戯や狩猟につても同様です。古来から伝わっている遊戯を、ルールあるゲームとして競技化したものが世界各地にあります。特に二人で対局する伝統ゲームとしては囲碁、将棋類(チェスをはじめとして各種)、連珠、チェッカーがあげられます。いづれも運の要素がないアブストラクトゲームといわれています。

チェッカーは日本へ明治期に紹介されたのですが、今までほとんど普及していません、チェスセットの付録ゲームのようにみられています。
しかし、海外では、ヨーロッパを中心とし、アフリカ、や南東・中央アジアで人気あるゲームです。
今回の北京でのマインドスポーツゲームズを契機として、日本にもファンが増えてくれることを希望し、今年4月競技団体を東京に創設いたしました。

以下このゲームの概略を説明します。
色の違う相手のコマを跳び越し捕獲するゲーム。全部捕獲しつくすか、相手を動けなくすれば勝ちとなる。各地でゲームの名称は異なり、チェッカー、ドラフツ、ダームなどとあり、ローカルルールもいろいろです。その事例として、あるオンライン対局サイト(ポーランド)では次の7種がみられました(2008年9月2日23:00)。《》内は参加人数、日本語は追記。

-----------------------------------事例-----------------------------------
* draughts《415》:ドラフツ 64(8x8)マスの盤コマ数は24.ブラジル式ルールといわれる。
* draughts 10x10《58》:インターナショナルドラフツ 100マスの盤40個のコマ
* draughts 12x12《0》:100マスを12x12に拡張した盤
* checkers《9》:チェッカー 64(8x8)マスの盤(チェスと同じ)で24個のコマを使用する。米国ではチェッカー(checkers)、英国ではドラフツ(draughts)という。
* italian draughts《2》:略
* russian draughts《5》:64マス、24コマのロシア式ドラフツ
* thai draughts《0》:タイ式ドラフツ チェッカーとほとんど同じ
* turkish draughts《0》:トルコ式 他のルールと著しく異なりなり、特別の盤でタテヨコにコマが移動する。
--------------------------------------------------------------------------

国際大会では、統一ルールによる100マスが中心の競技種目となるが、各地ではローカルルールのほうが人気があるようです。
選手紹介
●インターナショナル ドラフツ

川下和晃、小俣光夫(監督兼務)
●64ロシア式ドラフツ

品田渓
●64ブラジル式ドラフツ

池田直生、伊藤拓馬
●チェッカー

松木哲郎、森本浩太朗
組織概要
[ 国際組織 ]

名  称:FMJD(World Draughts Federation)世界ドラフツ連盟
     http://www.fmjd.org/

本  部:オランダ・アムステルダム
     Orteliusstraat 147hs, 1057 AX, Amsterdam, Neherlands

設  立:1947年

会  長:V.I.Ptitsyn

メンバー:57ヶ国・地域

加盟組織:GAISF、IMSA

主な競技会:世界選手権(男子/女子)/世界ユース選手権/世界ジュニア&ガールズ選手権
[ 日本組織 ]

名  称:日本チェッカー・ドラフツ協会(JCDA)
     http://www.rainblog.net/checkers_draughts/

本  部:〒101-0041 東京都千代田区須田町2-17 山梅ビル7F
     天地シニアネットワーク内
     Tel&Fax:03-3253-8950

設  立:2008年4月1日

会  長:小俣光夫

会 員 数:20名
大会アルバム
写真をクリックすると大きな写真をご覧いただけます
チェッカー・ドラフツをやってみたい方、魅力をもっと知りたい方など、 お問い合わせやご質問は下記までお気軽にどうぞ。

●お問い合わせ先
 日本チェッカー・ドラフツ協会(JCDA)
 〒101-0041 東京都千代田区須田町2-17 山梅ビル7F
 天地シニアネットワーク内
 Tel&Fax:03-3253-8950

●チェッカー・ドラフツの世界を知るにはオフィシャルホームページへ!
 http://www.rainblog.net/checkers_draughts/


[ このページのトップへ↑ ]
[ チームジャパンホームへ→ ]

Copyright© 2008 WMSG - TEAM JAPAN. All right reserved.